「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」をストップ NPO法人 全国ストップ・ザ・ロコモ協議会 SLOC(エスロック)

MENU

5.資格継続のため活動実績について

ロコモコーディネーター資格継続のための単位取得研修会

30年度資格継続のための研修会(大阪)のご案内と受講申込について

ロコモコーディネーター各位

一般社団法人大阪臨床整形外科医会

会 長     増田 博

  副会長     藤本 啓治

実行委員長   上野 憲司

SLOC副理事長  長谷川利雄

謹啓

皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

このたびは、ロコモコーディネーター資格継続研修会開催のご案内を申し上げます。

ロコモコーディネーター資格継続条件について説明します。

資格継続に関する施行細則から、抜粋

第4条 前条に規定する活動実績とは、次のとおりとする。

(1)実地活動1回の活動につき1単位とする。

ア 地域サロンにおけるロコモ啓発、ロコトレ指導・補助

イ 普及員・指導員養成講座実施

ウ 市民公開講座講師等

エ 所属施設内における不特定多数を対象としたロコモ啓発活動(管理者、開設者が認めたもの)

(2)ロコモに関する講演会の受講

2 資格継続申請者は、前条第2号 に定める活動実績について、ロコモコーディネーター認定証に記載された有効期限までに5単位以上を取得するものとし、このうち少なくとも1単位は第1項に規定する実地活動でなければならない。

 

すなわち、活動実績 5単位必要で、うち4単位は、講演会受講で、充当されます。そこで、大阪臨床整形外科医会では、資格継続のための研修会を下記の要領で開催します。

今回の研修会で、4単位取得できる機会となっています。下記の要領にて、30年度ロコモコーディネーター資格継続研修会(大阪)を実施いたしますので、受講希望者は、事務局にメールにて、E-mail宛先: 3219kueno@gmail.com 一次申し込みをお願いします。

表題にロコモコーディネーター資格継続研修会受講希望とし、連絡先住所、郵便番号、氏名を記載していただき、ご送信いただきますようにお願いします。

同一施設等で、複数人の申込希望者がおられる場合も、各個人別でメールを頂戴いただきますようお願いします。メールにて申し込みいただいた方に、事務局から必要書類を送付いたします。

内容をご熟読の上、書類記入及び受講料の振込を行っていただき、書類の返送にて、受講申し込み完遂とする方法をとらせていただきますので、お間違えのないようにお願いします。    謹白

――――記――――

・日時:平成30年11月11日(日)13:00—17:30(4単位の講義:要完全受講)

・場所:エーザイ株式会社大阪コミュニケーションオフィス

梅田スカイタワー・イースト 33階 A会議室

(〒531-6001 大阪市北区大淀中1-1-88)  

プログラム

  • 岸本英樹先生  リウマチ性疾患のリハビリテーション
  • 日下昌浩先生  スポーツ外傷のリハビリテーション、4つの外傷からリハビリテーションを考えるーーRICE:足関節捻挫(前距腓靭帯損傷)サイトカイン:肉離れ(筋組織)、アキレス腱断裂(腱組織)固有知覚:前十字靭帯損傷――
  • 小坂理也先生脊椎のリハビリテーション
  • 宮田重樹先生整形外科疾患治療に役立つロコトレ

・定員  87名

・受付開始:平成30年9月10日(月)から

・締め切り:平成30年10月12日(金)(定員87名に達し次第締め切らせていただきます)

*12日現在定員に達していません。引き続き募集しています。

・ 受講料4,000円

第6回石川県運動器研修会

日 時: 平成30年9月1日(土)18:00~20:10

認定単位:2単位

福岡県ロコモコーディネーター研修会・意見交換会

1 日 時: 平成30年7月29日(日)14:00~16:30

2 プログラム

・14:00~15:00

講話 「ロコチェック・ロコトレの実際とリスク管理」 藤田整形外科医院 藤田 芳憲 先生

・15:00~16:30

・ロコモコーディネーター意見交換会 / グループでの意見交換

3会場:都久志会館 (福岡市中央区天神4丁目8−10) 4階 401~403会議室

4主催:福岡市役所

5後援:福岡市医師会

6定員:100名

7 受講料:無料

8 対象者:福岡県内在勤 ロコモコーディネーター資格所持者

9 その他

本会に参加されますと 「ロコモコーディネーター資格継続のための細則」(全国ストップ・ザ・ロコモ協議会)で定められた 「ロコモに関する講演会」 受講 1単位ならびに「実地活動」 1単位(意見交換会) 計2単位を取得できます

※受講証明書発行致します。

第31回JCOA学術集会桜島学会・鹿児島

研修年月日: 平成30年7月15日・16日

場所: 城山ホテル鹿児島(鹿児島市新照院町41番1号)

認定単位: 1単位×5講演

受講料:無料

学会参加登録費: 7,000円 ※オンラインでの事前参加登録は、学会ホームページ(以下サイト)よりお入りいただき、「メディカルスタッフ・その他」からお申し込みください。

http://www.congre.co.jp/31jcoa/registration/index.html

主催団体名: 鹿児島県臨床整形外科医会

代表者名: 鹿児島県臨床整形外科医会会長 / 橋口整形外科

橋口 兼久

*受講者:7月15日(日)75名 / 7月16日(月) 72名

 鹿児島47・宮崎14・福岡5・熊本4・佐賀2・静岡・福井・富山各1

二日目は鹿児島(−3)・佐賀(+2)・富山(−1)

認定内容:

1.「成長期スポーツ外傷・障害-医療安全とロコモ対策」

講師:宮崎大学医学部整形外科 教授 帖佐 悦男 先生

日時:7月15日(日)12:30~13:30

会場:3階 サファイア

2.「ヒトが立ち・歩く仕組みとロコモティブシンドローム」

講師:国立障害者リハビリテーションセンター顧問 中村 耕三 先生

日時:7月15日(日)15:00~16:00

会場:4階 エメラルド

3.「人間にとっての運動器の意味と課題」

講師:福島県立医科大学 常任顧問 菊地 臣一 先生

日時:7月16日(月)9:10~10:10

会場:4階 エメラルド

4.「骨と筋肉の健康のために ロコモ予防について考える

-宇宙飛行士に起こる筋骨格系変化とその対応から-」

講師:久留米大学医学部 整形外科学教室 教授 志波 直人 先生

日時:7月16日(月)12:40~13:40

会場:3階 サファイア

5.「ロコモ伝導師-10年間の軌跡」

講師:藤野整形外科医院 院長 藤野 圭司 先生

日時:7月16日(月)11:30~12:30

会場:4階 エメラルド

 

*なお講演会受講後は、活動実績報告書に内容を記載し、会場で受け取った「受講証明書」を大切に保管の上、資格継続申請時、申請書に添付してください。

 

 

 

第3回石川県運動器研修会

*日時 平成29年3月25日(土)

*場所 金沢商工会議所

石川県から3名のロコモコーディネーターが受講されました。

・講演2(17:45~18:15)日本臨床整形外科学会ならびにSLOCからのメッセージ

1)「2年目を迎える運動器検診に対して」  17:45~18:15

日本臨床整形外科学会理事長/田辺整形外科医院理事長

田辺 秀樹先生

 2)「健康寿命とロコモ」          18:20~18:50

全国ストップ・ザ・ロコモ協議会理事長

日本臨床整形外科学会顧問顧問/藤野整形外科医院院長

藤野 圭司先生

*認定単位  1単位

主催団体名 石川県臨床整形外科医会

代表者名  石川県臨床整形外科医会会長/石野病院院長

石野 洋

 

 

資格継続のための活動実績要件について

ロコモコーディネーターは、認定後の資格継続のために5年間に5単位以上の実践活動が求められますが、実地で活躍する場はまだ限られているのが現状です。そこで資格取得者の研修及び資格維持の機会増大を図る目的に、これまでの実地活動に加え各都道府県の臨床整形外科医会、地域医師会等が主催または共催する「ロコモに関する講演会」を受講することで認定単位とすることにしました。

ロコモコーディネーター資格継続のための細則はこちら

【ロコモコーディネーター資格継続のための活動実績要件】

1. 実地活動

2.「ロコモに関する講演会」受講

*5年間で5単位、このうち実地活動を1単位以上とする。

1.実地活動

1)内容
ア)地域サロンにおけるロコモ啓発・ロコトレ指導、補助
イ)普及員・指導員養成講座実施
ウ)市民公開講座講師など

2)資格継続申請者は活動実績報告書に記載する。

活動実績報告書はこちら

3)実地活動1回につき、1単位とする。

2.「ロコモに関する講演会」受講

ア)各都道府県の臨床整形外科医会等又は地域医師会等が主催(共催含む)する「ロコモ」に関する講演会受講。講演会開催については、事前メルマガ配信を通じ、随時本サイト上で広報する。

イ)資格継続申請者は活動実績報告書に内容を記載し、会場で受け取った「受講証明書」を申請書に添付する。

* ロコモコーディネーター資格取得後、この規則が整備される以前の受講については、講演会案内のコピー添付も可とする。

ウ)講演会単位について

(1)原則として1講師・1演題・1時間を「1単位」とする。(質疑応答の時間を含む。)

(2)30分2演題は「1単位」とする。

(3)特例として40分3演題で「2単位」を認める場合がある。(ただし同一カテゴリーに限る。)

エ)受講料は徴収しない。

◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆

ロコモコーディネーター研修会事務局

【お問い合わせならびに書類送付先】

〒104-0041 東京都中央区新富1-8-6 SSビル3階

FAX:03-6222-9875 email: support@jsmr.info

※お問い合わせはFAXまたはe-mailにてお願いいたします。

◆-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-◆

 

更新日2018/10/12

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.