「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」をストップ NPO法人 全国ストップ・ザ・ロコモ協議会 SLOC(エスロック)

MENU

2.ロコモキャラバン in 札幌市

【第2回】ロコモキャラバン in 札幌市

SLOCの市民公開講座は、どうも台風と縁があるようです。
皆様、無事ご帰宅されましたでしょうか?
札幌のロコモ・キャラバンは、一般市民227名、SLOC/DCOA関係者約15名の参加を得て、会場も”ほぼ埋まった状態”になりました。参加された市民の反応も良好で、2時間もの長時間にも関わらず、中途退場者もほとんど無く、盛況のうちに終了いたしました。
アンケートの回収も198件:87%(中間報告)、と高率でした。

今回の反省点としては、
1:NHKエデュケーショナルさん作製の告知チラシ(5000部)の配布の仕方と時期
今回は、札幌を中心としたDCOA会員の医療機関に、出来れば患者さんに直接手渡し して頂く様、二度ほどお願いいたしましたが、あまりうまくいきませんでした。
2週前に北海道新聞の市民欄に市民公開講座の告知と、2日前に北海道新聞に「骨と関節の日」(半面広告)の半分ほどをロコモ・キャラバンの告知に利用させていただきました。新聞広告の日時を早めることは、既に例年通りと決まっており変更できませんでした。
告知の準備期間は告知の方法にもよりますが、約2(〜3)カ月は必要かと思いました。

2:今回、北海道の「骨と関節の日」の市民講座の衣替えの形を取ったため会場の確保は楽でしたが、例年の関係者等の調整が思いの外煩雑でした。それぞれ一長一短あると思いますが、会場の確保ができれば新たに企画するほうが良いかもしれません。

関係各位、特にNHKエデュケーショナルの坂井さんの的確な運営もあり、ひとまずは円滑に進行したことを感謝いたします。なおSLOC事務局には、近日中に記録をお送りいたします。

SLOC連携委員会担当理事 吉崎 隆

吉崎先生、この度はロコモキャラバンイン札幌を開催して頂き有難うございました。
私が他の講演と重なってしまい参加できなく申し訳ございませんでした。
先生のご報告を拝読し、無事成功裡に終了したことがわかり安心致しました。
このキャラバンも今回が2回目で、まだ手探り状態のところもありますが、皆様のご意見を参考によりよい形に変えていきたいと思っています。ご協力頂いた北海道臨床整形外科医会の諸先生にも感謝申し上げます。取り急ぎ御礼まで。

Sロック座座長 藤野 圭司

収録ビデオ 北海道COA会員先生撮影


「1/5」http://youtu.be/SC3-oTaoVt0


「2/5」http://youtu.be/AsEDUIQrtiI


「3/5」http://youtu.be/-azfcPpwIo0


「4/5」http://youtu.be/vojSXAaBQeI


「5/5」http://youtu.be/OaNsfDtNVjU

会員の部屋 関連ページについて

会員の部屋 関連ページ内で、第2回 ロコモキャラバン in 札幌市 実施報告書 PDFをご覧頂けます。

※会員専用サイトを閲覧するためには「ユーザー名」「パスワード」が必要となります。

会員の部屋 関連ページはこちら

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.