「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」をストップ NPO法人 全国ストップ・ザ・ロコモ協議会 SLOC(エスロック)

MENU

1.理事長あいさつ

理事長あいさつ


非特定営利活動法人
全国ストップ・ザ・ロコモ協議会
理事長 藤野 圭司

全国ストップ・ザ・ロコモ協議会(Japan Stop the Locomo Council、略して SLOC(エスロック)とする。)は運動器の衰えにより要介護状態となることを防ぎ、永く健康な生活を送って頂くため、ロコモ対策が如何に重要であるかを広く国民の皆様に知って頂くため設立されました。
そのため、全国の自治体と連携し、広く住民に広報活動、ロコモ対策のためのロコトレ指導などを実践してまいります。
また、各種報道機関とも連携し、正しいロコモ対策に対する啓発活動を行ってまいります。
一人でも多くの国民にロコモを理解して頂き、健康で健やかな寿命を享受できますよう念願しています。

Japan Stop the Locomo Council(SLOC for short) was established in 2013 to spread the concept of locomotive syndrome to Japanese public. SLOC will support the healthy life through the public relations of self check out procedures and preventive training exercise instruction of locomotive syndrome with Japanese local governments.
In addition, using with the various mass-media, we will work on the enlightenment for the right countermeasures for the locomotive syndrome.
This countermeasures of locomotive syndrome is expected the decrease of nursing care requirement for the elderly.
An adequate exercise will prevent the dysfunction of extremities and lead the fulfilling life.
We hope you understand the concept of locomotive syndrome and enjoy the healthy life.

Jan.15,2013

Keiji Fujino,M.D.
Chief director
Non profit organization
Japan stop the locomo council

NPO法人の立ち上げ、認証と活動について  JCOA・SLOC副理事長 原田 昭

2013.01 JCOAニュース巻頭言より

このたび特定非営利活動法人(NPO法人)「全国ストップ・ザ・ロコモ協議会(「SLOC」と略す)」を立ち上げましたので、その認証までの経緯と今後の活動方針についてご報告申し上げます。
NPO法人とは、特定の事業を公益的に活動することを目的とする団体に対して定款や事業案、予算内容等を精査の上、パブリックコメントを経て各都道府県が法人としての認証を与えるものです。国の第二次健康日本21は、ロコモの認知度の向上事業すなわちロコモについての国民の現在の認知率17、8%を今後10年間に80%へとアップさせる目標値を設定しました。

ロコモの認知度の向上のためには、国民との最前線で活動している自治体等との連携が必須であることは、「メタボ検診事業」が多くを示しています。ロコモの認知度の向上事業においても、「メタボ」に学ぶものが多いと考え、さらにロコモに関する事業については自治体等からの委託事業となる機会が多いと判断いたしました。また、ロコモの事業に伴なう委託費や補助金の受け皿としてはNPO法人が期待される可能性が大と考えられました。
JCOAは既に一般法人の認可を得ていることもあり、ストップ・ザ・ロコモの活動をJCOAの事業活動としてできないかを会則等検討委員会を中心に検討しましたが、国の政策をスムーズに行うためには、JCOAのようなに多岐にわたる医学学術活動を目的としている法人には限度があるとの結論に至り、NPO法人の設立を目指すことになりました。
藤野理事長からの指示により、平成24年6月下旬からJCOA会員の有志がNPO法人設立の準備を開始いたしました。NPO法人の名称はストップ・ザ・ロコモ全国協議会(SLOC)としロゴマークも作成いたしました。SLOCの設立時役員はJCOAの現役員が兼務しています。
SLOCは、ロコモ対策に参加する国民を増やすことを目的とし、国民に対しロコモの啓発のための情報を提供し、またロコモ対策の効果の向上を図り地域による格差をなくす目的で、全国の自治体等に対しても正しい情報を提供する事業を行い、国民の健康寿命の延伸を図ることを目指します。
すでに、平成24年8月末にNPO法人の申請を行っておりましたが、特定非営利活動法人全国ストップ・ザ・ロコモ協議会(SLOC)は、平成24年12月27日に東京都から認証を受け、法人としての社会的使命を担い活動を開始いたしました。
SLOCの実際の事業活動については、臨床の現場でご活躍のJCOA会員のご協力が必要不可欠であります。今後は各県COAが行われている「骨と関節の日」の事業やロコモ事業についても、SLOCが関わらせていただくことになると存じます。JCOA会員の皆様におかれましては、SLOCの設立趣旨をご理解いただき、SLOCに対するご指導とご高配を賜りますようお願い申し上げます。

 

更新日 2016/09/23

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.