「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」をストップ NPO法人 全国ストップ・ザ・ロコモ協議会 SLOC(エスロック)

MENU

6.埼玉県医師会

学校の運動器検診でスクリーニングされた子が来院したときどう対応するか                               

企画・取材:黒木要
監修・解説:林整形外科 林 承弘
日医ウェブサイト(Med safe. Net)【最新動向】より

学校健診において運動器検診が2016年度から必須化される。対象は小学1年生から高校3年生までの全学年だ。内科健診に付随して従来から実施されている「脊柱側弯症」とは別に「四肢の状態」のチェックも加わる。オーバーユースによる運動器障害(スポーツ障害)はもちろん、姿勢不良・運動不足による運動器機能不全の状態にある子、いわゆる「子どもロコモ」の抽出も行なわれるのがトピックだ。すでに地域の医師会から打診を受け、検診でスクリーニングされた生徒の受診を受け入れる「運動器検診協力医」として登録を済ませ、日本学校保健会や日本医師会および地区医師会が主催する研修会に参加した整形外科医も多いはずだ。だが検査の方法等が解説されている『児童生徒等の健康診断マニュアル』改訂版の発刊が遅れたことも含め、「子どもの運動器の疾患や機能不全の理解が、保護者や養護教諭、保健体育教諭、内科医主体の校医は言うにおよばず、受診を担当する当の整形外科医にも浸透していないのが現状。  運動器検診は多くの地域が手探り状態でのスタートになる」と、埼玉県にて運動器検診モデル事業を担当した林承弘医師は言う。「送られて来る生徒の中には、明らかな運動器疾患や障害を持ち、治療を要する者がいます。隠れた運動器疾患を持つ子どもがいる可能性もある。すぐには治療の対象にはならないものの、今運動器機能の回復をはからないと将来的に重大な障害や二次的なケガにつながる運動器機能不全の子も多数いる」学校健診は4~5月に集中する。その子らが来院したらどのような点に留意して診察すればよいか、ポイントを林医師に聞いた。

(企画・取材:黒木要)

1.学校の運動器検診でスクリーニングされた子が来院したときどう対応するか
2.スクリーニングされる運動器の疾患と機能不全(子どもロコモ)
3.運動器検診の中身と流れ
4.受診勧告を受けた子を診るとき留意すべきこと

http://www.medsafe.net/recent/166locomo.html

埼玉県医師会の取組み

SLOC副理事長 林 承弘

・2016/02/29

「運動器検診手順最終結果」が出ましたので掲載します。
ご自由にご使用ください。

1.運動器検診手順・事後措置PPT6枚

2.運動器検診問診票PDF

3.運動器検診フローExel

4.検診結果のお知らせ

5.子ども処方箋

・2015/11/18

埼玉県の運動器検診の流れに関する現時点での教育委員会および養護教諭等との打合せ結果です。

PPT計13枚はこちら

子どもとロコモ保存版PPT計86枚(解説付き)はこちら

視点:姿勢と子どもロコモ

林整形外科 林 承弘

平成28年4月から学校運動器検診が始まります。各地域でさまざまな取組みが行われているものと思います。運動器疾患の検出にとどまらず、子どもロコモをひきおこす生活習慣をいかに改善できるかが大きな課題です。学校だけでなく、家庭を巻き込むことが本来あるべき対策と考えます。子どもロコモの根源は、姿勢にあります。姿勢を良くし、肩甲骨周りを柔らかくし、股関節を上手く使えれば、子どもロコモの7~8割が改善します。

姿勢は日常生活そのものであり、家庭の協力が必要です。学校健診では、保健調査票でまず、保護者のチェックがあります。その後、養護教諭のチェック、校医の判断を経て、問題のある児童生徒が専門医である整形外科医に回される、という段取りとなります。

姿勢が子どもロコモに大いに関係することを整形外科医がしっかり理解し、学校健診に先立ち、その対策も含めて保護者や養護教諭等に伝えることができれば現場は安心できます。運動器検診導入にあたり、整形外科医の果たす役割は極めて大きいと思います。

ついこの前まで「運動器」という言葉すら認知されていませんでしたが、ロコモという概念が生まれてから運動器という言葉の定着に弾みがつき、また運動器検診導入に向けた関係各位の並々ならないご尽力もあって、運動器検診が学校健診に取り入れられました。このチャンスを生かすことができなければ、整形外科医の未来はないともいえます。(平成27年11月21日/JCOAニュースH.28 01月号掲載予定)

SLOCホームページでは家庭でできる簡単な「子ども処方箋」の公開しています。ご参考にして頂ければ幸いです。

「子ども処方箋」はこちら

更新日2016/04/01

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.